FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和の丘公園

平和の丘公園

長野県下高井郡山ノ内町。人口約13500(平成26年現在)。

志賀高原や湯田中渋温泉郷で知られ、

周りを山地に囲まれ山林原野が約90%を占める緑豊かな町。

四季の自然に恵まれ、都会に比べ時間がゆったり流れているところです。

長野新幹線長野駅から長野電鉄に乗り換えて約40分。

終着駅「湯田中」から温泉街を上ったところに平和の丘公園はあります。

大それた施設はありませんし、

きらびやかなパンフレットを作ったり派手な宣伝もしておりません。

それでも、

志賀高原へスキーにいらした際、温泉につかりに来られた際、

どうぞぜひ、ちょっとだけでもお立ち寄りください。

きっと気持ちが安らいで、そして今よりもっともっと元気になれるかもしれません。

kannoon1.jpg
桜の季節にはイベントも催されます

side5.jpg
湯田中駅前にある立ち寄り温泉。無料の足湯もありますので、電車の待ち時間にもどうぞ。
スポンサーサイト

アクセス

平和の丘公園への最寄駅は長野電鉄湯田中駅です。
湯田中駅から徒歩25~30分、タクシーで5分。
歩いてこられる場合は、湯田中駅の改札を出て左、ローソンに向かって左に2本目のかえで通りを歩くのがお勧め。
路面にはかわいらしい楓の絵が描かれています。
趣のある造りの老舗旅館等を眺めながらのんびり歩きましょう。
梅翁寺に突き当ったら道なりに右折、平和観音通りに出たら左折。
しばらく行くと左側に案内の看板があります。
楓の湯には電動アシスト自転車のレンタルもあります。

eki-gate.jpg
改札を左に出て突き当たる道路を左。写真内の赤い車の辺りがかえで通り。

heiwanookakoensign.jpg

heiwanookakoen-kaidan.jpg
この階段を上ります

山ノ内町までのアクセスはこちら



 湯田中駅 

湯田中駅は長野電鉄の終着駅です。
標高599.76m、長野駅から特急で約45分、駅舎は昭和2年に開業しました。
現在は長野駅で乗り換えなければなりませんが、かつては現在のJRが上野から乗り入れていました。
2006年に工事が行われるまでは、珍しいスイッチバックが行われる駅として鉄道マニアの間で知られていました。
現在の駅舎はこの頃造られた新しいものですが、旧駅舎は現在「湯田中駅前温泉楓の湯」としてリニューアル、旧駅舎は有形文化財として登録されました。
駅舎内の待合室に観光案内所があります。

eki-yokokara.jpg
駅を横から見たところです。左が改札のある新駅舎(観光案内所はこちら側)、
右は楓の湯のある旧駅舎。終着駅なので線路はここまで。

有形文化財について詳細はこちら

side5.jpg
湯田中駅前温泉楓の湯についてはこちら

各駅停車は東京の地下鉄日比谷線、特急ゆけむりは小田急線のロマンスカー、特急スノーモンキーはJR成田エクスプレスの旧車両を使用しています。
首都圏からいらっしゃる方は不思議な気分になるかもしれません。

大悲殿

daihiden.jpg

大悲殿(だいひでん)

西国三十三番札所観音、現御本尊、旧御本尊(ぼけ封じ観音といわれている)、厄遂太鼓、仏像技師山田山光師の木造、平和の灯などが展示されています。
遠足で訪れる小学生も多く、子どもたちも金色に光った観音様や大きな観音様に興味津々。
また、山ノ内町には外国人の方も多く住んでいますが、大悲殿にしばしば足を運んでは遠い異国の地に思いをはせ、観音様の前で長い間祈りをささげている人も少なくありません。

<拝観案内>
拝観時間    9:00~16:00
拝観料      200円
駐車場(あり)  普通車5台
お問い合わせ  大悲殿 0269-33-2886


daihidenn1.jpg

平和の灯(へいわのともしび)  
昭和63年(1988年)平和の願いをこめ、広島原爆の火を分けてもらい、以来消えることなく灯され続けています。

heiwano.jpg

厄遂太鼓(やくおいだいこ)
ケヤキの一本胴でできています。一発叩いて身の汚れや厄を落としましょう。
現在このような大きな木は見つけることが困難なため、値段にすると一千万円は下らないといわれています。
一回だけ鳴らせば御利益があるのですが、外国人観光客の中にはこの大きな太鼓に感動し、何度も鳴らしちゃったりする人もいるそうです。

taiko.jpg

現御本尊
聖観世菩音菩薩の立像で、横江嘉純(よこえよしずみ S37.2.14死去 元東京・日展審査員)氏作

new.jpg

旧御本尊 
旧御本尊(ぼけ封じ観音)である旧観世音菩薩は山田山光作。

old.jpg

西国三十三番札所観音
大悲殿から短い廊下を通り抜けると、観音様の台座部分になります。八角形の台座部分には西国三十三番札所観音がズラリと並んでいます。

西国三十三番札所とは
このような霊場を札所とした巡礼は四国八十八か所が有名ですが、西国三十三番札所はこのような巡礼では歴史がもっとも古く、近畿2府4県と岐阜県にある33か所の観音新婚の霊場を巡り観音菩薩参拝すると、現世で犯したあらゆる罪業が消滅し、極楽往生できるとされています。
大悲殿では、三十三か所回らなくともいっぺんに参拝できてしまう、というわけです。


33.jpg

開館時間内は大悲殿には常にスタッフがおりますので、お気軽に声をおかけくださいお手洗いは大悲殿向かって左手にございます。

三体しあわせめぐり

 三体しあわせめぐり 
三体(平和大観音・煙草地蔵・弥勒石仏)巡って満願成就!すべて平和の丘公園内にあります。
最後に平和大観音敷地内にあるしあわせの鐘を鳴らすと願いがかなうといわれています。
3か所を回る順番は特に決まっていません。

DSC04031.jpg
平和観音の横にある看板(不明な点は大悲殿内のスタッフまでお気軽にどうぞ)

DSC04025.jpg
しあわせの鐘


弥勒石仏
(災いのないくらし)

miroku.jpg
平安時代に建てられたといわれています。
左手は脱落し不明、下半身は地中に埋もれており、全貌はいまだ明らかでありません。
地震除け、また金運をもたらす石仏として信仰されています。
「地表に全身を現わしたときは世界が滅びるとき」というちょっとぞっとする言い伝えもあります。

煙草地蔵(健康なくらし)
DSC03820.jpg

享保16年(1731年)建立。
いつまでも健康で煙草を楽しみたい愛煙家、禁煙の願かけを始め、広くガン封じや婦人病、健康長寿を線香代わりに煙草を備えてお祈りします。煙草を供えて祈る信仰は全国でもここだけといわれています。子供の夜泣き、ひきつけ、虫歯の痛み止めにも効くと信じられています。地蔵の顔には眼鼻がなく、これは老若男女、貴賤の区別なく誰にでも平等に施すという意味があります。

世界平和大観音
(平和なくらし)
kannoon1.jpg
世界平和観音の記事参照
プロフィール

平和の丘公園

Author:平和の丘公園

長野県下高井郡山ノ内町。志賀高原と湯田中渋温泉郷で知られる町です。
問合せ 0269-33-2886

湯田中駅から徒歩25分。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。