FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界平和大観音

heiwakannon.jpg

昭和39年(1964年)ブロンズ製、高さ25メートル、重さ22トン。
平和のシンボルとして、小高い丘の上から穏やかな表情で温泉街を見下ろしています。
現存の青銅ブロンズ製観音立像としては東洋一の高さと言われています。

 観音様は二代目 
この観音様は実は二代目。
一代目の観音様は「護国観世音菩薩」と呼ばれ、現観音様よりはるかに高い33メートルの高さを誇り昭和13年に建立されましたが、戦況悪化の中昭和19年に金属回収令が出され、台座を残し惜しくも解体されてしまいました。
西国三十三ヶ所札所観音、御本尊は回収を逃れました。間もなく終戦になり、細かく解体された観音様は使われずに道端にゴロゴロと放置されていたといわれています。
戦後10年以上たってから再建の声が高まり、山ノ内町町民、全国の有志有縁の人々の多大な協力により、昭和39年世界平和の祈願をこめ7か月の歳月をかけて建てられたのが二代目の現観音様です。


 須坂市の臥龍山に建てられていたかも? 
再建の話は、元の場所ではなく須坂臥竜山でということで発案されました。昭和33年のことです。
弥勒山の残された台座の上には八角堂を建てるという計画があり、もし山ノ内町がダメだったら須坂で…ということになっていました。

 一代目観音様にあった光背はなぜ姿を消した? 
一代目観音様と二代目観音様を見比べると、一代目には光背があるのに、二代目には付いていないことに気が付きます。光背は、仏像などから発せられる光を現したものです。
どうして二代目に光背はついていないのでしょうか?
外見もかなり変化しているので単にデザインの変更かとも思えますが、これについては「世界平和大観音再建記念誌(昭和58年発行)」に記載がありました。
二代目設計の際は、光背のない観音様で建設が着々と進んでいましたが、完了目前になってから関係者の熱い討論が繰り広げられました。後付けになるために、光背をつけるには胴体を強くしなければならず設計をやり直す手間がありました。
「台風や地震時に倒潰、破損などの危険が伴う」「山や雲が自然の光背になるので、野田に建つ仏像には光背を付ける必要はない」という専門家の意見とは反対に「絶対付けるべきだ」という一般関係者の意見もありました。
結局は安全を第一優先とし光背なしの観音様となりました。

 二代目観音様の作者、横江嘉純とは? 

横江嘉純(1887~1962)は著名な彫刻家。現在の東京芸術大学を卒業、1929年から亡くなるまで日展の審査員を務めました。
主な作品は、東京駅丸の内前駅前広場にある「アガペの像(愛の像)」、広島平和記念公園の「祈りの像」、大悲観世音像(諫早市高城町)などがあり、他にも各地に作品が残されています。

祈りの像
広島平和記念公園にある横江嘉純作「祈りの像」
(画像提供:増田裕氏 詳細はこちらの増田氏のウェブサイトへどうぞ

 平和観音と長野市善光寺の深~い関係とは 
仏像などを作ったあと、魂を入れる儀式を開眼供養といいます。
一代目、二代目の観音様とともに長野市善光寺の住職が執り行いました。
そう、平和観音と善光寺は古いおつきあいなのです。
台座から観音様の足元に出る階段の壁に「施無畏(せむい)」とブロンズに書かれたレリーフがありますが、これは善光寺住職が書かれたもの。
文字を右から左になで、そのあと全身をなでると病気が治るといわれています。
DSC04012.jpg


 昭和39年の開眼供養 
観音様は昭和39年6月7日にすべての工事を完了。あとは開眼供養を待つのみとなりました。
昭和39年7月20日大安、連日続いていた雨が上がりカラッと晴れた夏の日、平和大観音落慶開眼式典が行われました。
この日のために、湯田中駅前には大きな看板が設置され、ポスターは3000枚制作され国鉄や長野電鉄、そして周辺市町村に配られました。
午前10時、湯田中駅前から御練り供養行列が始まり、1500人以上の行列が平和観音への道を練り歩きました。
100羽のハトが放たれ、楽隊の演奏が響き、開眼供養の儀式はたくさんの人に見守られながら滞りなく進み、その後の祝賀会、演芸会、全国煙火師競技大会も大盛況のうちに幕を閉じました。
すでにこのときに亡くなっていた制作者の横江嘉純の未亡人も元気な姿で参列されました。
当時の記述や写真を見ると、とにかく町を挙げての大イベントだったようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

平和の丘公園

Author:平和の丘公園

長野県下高井郡山ノ内町。志賀高原と湯田中渋温泉郷で知られる町です。
問合せ 0269-33-2886

湯田中駅から徒歩25分。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。