FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代観音(護国観音)の作者「山田山光」のおはなし

仏像技師山田山光とは?
山田山光(1871~1944) 名古屋市生まれの職人。本名:山田光吉。
昭和2年の秋に初めて湯田中を訪れ、初代観音様制作のために8人の子どもを郷里に残し妻と2人で湯田中に移住しました。
途中資金困難になり次々に職人が去っていく中、山光は私財までつぎ込み一人で作業を続けました。観音様の解体が決まり、関係者が一堂に集まり最後の大法要が行われたその帰路、友人宅で亡くなりました。まさに観音様と運命を共にした仏像技師でした。
現在大悲殿に自作の木像が安置されています。山光は一般の人でしたが、その木像は僧侶の姿をしています。山光は、その木像を本尊の隣に置くようにと言い添えていたといいます。

山田山光は他にどんなものを作っているか?
(観音様制作以前の作品など)

1、名古屋市南区、道徳公園にあるクジラ像 (昭和27年 1952)
戦前から現在に至るまで地域の人々に親しまれています。
名古屋市の認定物建築物資産に認定、平成22年に名古屋開府400年を記念し行なわれた、名古屋の隠れた魅力を市民が再発見するという「夢なごや400」事業で、グランプリの「どえりゃあ大賞」に選ばれました。
なぜ公園にクジラかというと、このあたりは江戸時代まで海だったところ。
このクジラ、なぜか隠れたファンが多く、個人ブログでもしばしば取り上げられています。

2、愛知県東海市の聚楽園公園にある阿弥陀如来の72尺大仏(昭和2年)。
像高18.79mの鉄筋コンクリート製。1985年(昭和60年)に銅色に塗装し直されているので、見た目は銅製の大仏に見えます。現存していません(平成2年解体)が、大仏前に建っていた27尺(8メートル)の弘法大師像も山光が手掛けています。

3、愛知県西尾市常福寺に50尺の大仏(坐像)当時最先端技術である鉄筋コンクリート工法を駆使 常福寺の刈宿大仏と呼ばれています。像高は7m、基壇をあわせると14m。
昭和3年(1928年)に昭和の大典(昭和天皇の即位)を記念して建てられたものです。

このころは、実業家山田才吉出資の元、後藤鍬五郎というやはり愛知出身の職人とともに仕事をしていることが多く、上記の3つの作品についてはすべて後藤氏と一緒に作業をしたことが確認されています。


山光作・幻の観音像見つかる!
2012年、数年前に廃寺となった牟礼の曹洞宗臨川山観音寺で、山光作の観音像(65センチ)が偶然にみつかり、関係者を驚かせました。
newspeper.jpg
(当時の新聞記事)
昭和37年に亡くなった門井観牛尼さんという尼さんは、山ノ内町夜間瀬の寺からこの観音寺に入られたとのこと。
「信州大観音作人 山光作」と彫られていることで、世界平和観音制作の後に作られたものだということがわかりますが、他に当時を知る人がおらず、制作年やどういういきさつで作られたかなど詳細は不明です。観音寺の寄進者の記録には山ノ内の住所の人も多く、この寺は山ノ内町と深く関連があったことは間違いなさそうです。
新しい情報が入りましたら更新します!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/13 08:58)

名古屋市南区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

平和の丘公園

Author:平和の丘公園

長野県下高井郡山ノ内町。志賀高原と湯田中渋温泉郷で知られる町です。
問合せ 0269-33-2886

湯田中駅から徒歩25分。

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。